So-net無料ブログ作成

ねこ、ねこ、とうふ、いのくまさん [ねこ]

今日、自転車で、とある幼稚園の前を通りかかろうとした瞬間
すごくいいタイミングで
園庭で運動会の練習をしている園児さん達の
鼓笛隊の練習が始まりました。
マーチの音楽に合わせて、5歳くらいの子どもたちが
太鼓をたたいたり、シンバルを打ち合わせたり
大きな声で掛け声を掛け合ったり…。
その一生懸命な様子を見たら
何故だか胸にぐっと込み上げてくるものがあり
(自分でも驚いたんだけど)何だかすごく泣きたくなってしまった。
子どもたちがすごく愛しく思えて…。
さすがに、恥ずかしいから泣かなかったけど
涙がこぼれ落ちないよう必死に目に力を入れて我慢しました。
もうすぐ、姪っ子も運動会。
見に行く予定だけど、こんな状態では涙をこらえるのが大変かも。
う~ん、まずいな…。(苦笑)

+++

天気予報によると
もうすぐ.jpg
この暑さも
おわるよー.jpg
秋分の日を境に終わるようですね。ウレシイ…。
蒸し暑い夏が苦手な猫と私は
思わず歓喜の声をあげたくなってしまいます。

夏の開放的な雰囲気もいいけれど
やっぱり、私たちは秋から冬の初めがいちばん好き。

「みーたん、秋の楽しみは?」
みーたんの秋.jpg
「だよね…。笑」

「くーちゃんは?」
くるみの秋.jpg
「そうそう、体育会系女子だもんね。笑」

遊んで欲しい時、猫じゃらしのおもちゃが入っている扉の前で私を待ち伏せするくるみ。
おもちゃを「振って、振って~」とお願いされることも益々多くなりそうです。(笑)

+++

先日、刈谷市美術館で開催されている
猪熊弦一郎展『いのくまさん』を見に行ってきました。
いのくまさん.jpg
ずいぶん前に
松尾ミユキさんの『小さな美術館を巡る旅』という本で
香川県にある「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」を知って以来
ずっと「行きたい」と思っていました。
なので、刈谷市で見られることを知った時からとても楽しみに待っていました。

この展覧会は「いのくまさん」という絵本に載っている作品が中心。
私が特に好きなのは
「ねこ」・「とり」・「かお」をモチーフにした作品。
子どもが描くような素朴なタッチ、遊び心いっぱいの自由な発想。
ひとつひとつの作品をじっくり見ていると思わず微笑んでしまう。
私にとっては、久しぶりに表現の自由を感じられる楽しい空間でした。
たまたま、同じ猫の絵を見ていた子どもからも
笑みがこぼれていてとても可愛かった♪

とても満たされたひとときでしたが
ますます香川の美術館への思いが強くなってしまった…。(苦笑)
いつか、必ず行こうと思う。

ポストカードを何枚も買いました♪
ポストカード.jpg

ポストカード2.jpg
愛猫家だった猪熊さん。猫の絵がたくさんあります。
ちなみに、三越の包装紙や紙袋も猪熊さんのデザインだそうです。

それから、シルクスクリーンも購入しました。
ちょっぴり高かったけれど買ってよかった。すごく素敵です。
今日は長くなってしまったので、また、いずれ紹介できたら…と思っています。

*

美術館の隣にはお茶室もありました。
お抹茶のお菓子は、いのくまさん展にちなんだ「猫」でした。
ねこのおまんじゅう.jpg
もう、最高♪

*

美術館へ行く前にランチをしたのは「とうふや豆蔵(刈谷銀座店)」。
ビュッフェスタイルでした。
ランチ.jpg
お豆腐がメインでとてもヘルシー。どれもとても美味しかったです♪
ごちそうさま。

夕日.jpg

*今日も読んでくださってありがとうございました*

それでは。


nice!(22) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。