So-net無料ブログ作成
検索選択

猫、日々のひとコマ [ねこ]

かわいい夢を見た。
くるみが、お喋りをした夢。
「このドアを開けると、公園に行けるの?」って
可愛らしい小さな声で嬉しそうに私に聞いてくる。
あぁ、可愛すぎるぅぅ!!
愛おしくて、私の顔の横にいたくるみに
思わず頬ずりしちゃった。
ねんねK.jpg
そして、その夢を見て
「そういえば、みーたんもお喋りする夢を前に見たんだった!」と
思い出しました。
まだ小さい頃のみーたんが喋った言葉は
「ぽんぽん、ちょうだい。(ごはんちょうだいの意味)」。
ぷぷっ。みーたんらしい。
夢の中のお喋りも単純でわかりやすい。(笑)
ねんねM.jpg

私の激しい妄想の末に見る「猫が喋る夢」。
みなさんも、こんな夢を見たりしますか?うふふー。

+++

ある猫の本の診断テストで、質問にYES・NOで答えていくと
「一緒に暮らしている猫が、その人をどのような関係だと思っているのか」が
わかるというので、早速、やってみました。

結果は
みーたんは、私のことを「きょうだい」
くるみは、「母親」だと思っているらしい。

おねえちゃん….jpg おかあさん.jpg
当たってる。
でも、私にとってはみーたんもくるみも子どものような存在。
だから、お母さんだと思ってほしい。
でも、呼び方は「おねえちゃん」って…。矛盾してるけどね。(苦笑)

+++

みーたんとくるみの日々を、ひとコマでキロクしてみることに。


みーたん:「ねぇ、カリカリのおかわりが欲しいんだけど…」
たとえ少しでも.jpg
pon pon:「これだけだよ。」 みーたん:「うん、いいよ。」
たったこれだけの量でも
「おかわりすること」に意義があるみたいです。(笑)




 くるみ:「かぷっ♡」
かぷっ.jpg
アゴを乗せているのが
「かぷっ♡」と噛んでいるように見えてかわいい。
寝起きでぼんやり。




みーたん:「あっ!オヤツが一粒落ちてた!ラッキー♪」
見つけた.jpg
思わぬ拾いものに、小さな幸せを感じます。
そして、そんな時はちょっと悪い顔。(笑)




くるみ:「おねえちゃん、やめて欲しいんだけど…」
ぐるぐるくるみ.jpg
この後、床に転がって激しく拒否。
イタズラしたおねえちゃんは、深く反省しました。




みーたん:「はやくちょうだいよー」
はやく.jpg
待ちきれなくて催促。必死になると手が出ます。
この顔が見たくて、ちょっとジラしてみる。(笑)
それにしても、みーたんは食べることしか頭にないみたい。




くるみ:「やるかぁ~」
足は敵.jpg
       (ponponの足↑↑)
私の足を敵だと思い込み、戦いを挑んできます。
足を動かすとロックされるので、足はむやみに動かせない。(苦笑)




みーたんとくるみの茶目っ気たっぷりの日々のひとコマ。
毎日、笑いは尽きません。


*omake*

pon pon:「ハクション!!!」

だいじょうぶ?.jpg
くるみ:「おねえちゃん、だいじょうぶ?」
私がクシャミをすると、心配して飛んできてくれる優しいくるみ。
pon pon:「ありがとうね。だいじょうぶだよ。」

ちなみに、クシャミの真似でも飛んできます。(笑)

*今日も読んでくださってありがとうございました。
この記事は、本当は2月22日の猫の日に
アップしたかったのだけど、間に合いませんでした。グスン。*

それでは。


nice!(19) 

日常的に繰り返し [ねこ]

寒い日が続いています。
名古屋でも2月2日に大雪が降りました。
この寒さで、子どものとき以来初めて
足の指に「しもやけ」ができてしまいました。
血流を良くするためにテニスボールを
足の裏で転がしながら、今、このblogを書いています。
ときどき、くるみが足元でこのボールを奪い来るのがとても愉快。

テトラゴナ.jpg
「ユーカリテトラゴナ」のドライフラワー

+++

いつものこと。

毎朝、日なたで並んで一緒にごはん。
日なたでごはん.jpg

先に食べ終えたみーたんは
まだ食べているくるみのお皿をじろり、チェック
先に食べ終わり.jpg

立ち上がって、ひたすら、見つめる。
くるみのお皿を.jpg

くるみは気にせず自分のペース。

みーたんは、くるみが食べ終わるのを、ただただ、じっと待つ。
粘ります。(苦笑)
気長に待つ.jpg
まだ、見てる。
くるみ:「ごちそうさま♪」

「待ってました!」とばかりに、くるみのお皿を覗き込むみーたん。
期待して.jpg

お皿に何か残っていないかチェック。

しかし、空っぽ。
ざんねん.jpg
「ちえっ!今日もダメか…」

いつものことなのに…。
懲りもせず、ほぼ毎回チェック。(笑)

そして、くるみはくるみで、お水を飲んで戻ってくると
ちぇっく.jpg

みーたんのお皿をチェックして
「おねえちゃん、早く片付けなさ~い」と言わんばかりに
お皿の周りでカキカキ。(苦笑)
カキカキ.jpg

これもほぼ、毎回、日常的に繰り返されます。

お互い、こだわるところが違っていて、ほんと、おもしろい。

+++

実は、繰り返すのは私も同じ。

寒い夜の友人との家飲みは「燗酒&おでん」の繰り返し。
体の芯から温まりながら、「日本っていいなぁ」と、しみじみ思います。

燗酒.jpgおでん.jpg
写真のお酒は、いつものお酒屋さんで勧めてもらった長期熟成古酒。
古酒が美味しい「達磨正宗」の“辰年限定ブレンド”です。
過去の辰年の時のものなど、何種類かの古酒がブレンドされています。

とてもまろやかで美味しい!! ぬる燗が最高です。 
少し味の濃い味噌おでんとは相性抜群ですね。

最近は、トマトのおでんにもはまっています。
トマトから出る旨みが、もうたまらない。

2年ほど前から
燗のつけ方や温度、また食べ合わせなどを
大好きな酒蔵の方に直接教えていただいたり
いつものお酒屋さんが丁寧に説明してくださるおかげで
お料理に合わせて自分好みの温度で飲むのがとても楽しくなり
日々の暮らしの楽しみが、またひとつ増えました。

お酒を燗するために使っているものは
茶道で使う「電気式の風炉」と「鉄瓶」。

鉄瓶にお湯を入れ風炉の上に置き
高温になりすぎないよう温度調節しながら
ちろりで温めています。(いつかは錫製ちろりが欲しい。)
お茶を習っていた10年以上も前に買ったものが
ずっと押入れに眠っていたので
これを再利用しようということでまた使い始めたのですが
お茶の先生が知ったら何て言われるかなと想像すると
ちょっと怖いです。(苦笑)

ちろりの中には温度計も入れています。
お酒専用の温度計が売っているけど
これも私はお菓子作り用に持っていた温度計を利用です。

+++

*omake ソノ1*
ふたつめ.jpg
カステヘルミをもうひとつ買いました。色はサンド。
色違いだけど、並べるといい感じ。

*omake ソノ2*
みーたんのおてて.jpgくるみのおてて.jpg
こちらも、色違いだけど並べるとなかなかいい感じでしょ!? ふふふ。


*今日もまた長くなってしまいました。
最後までお付き合いくださりありがとうございました*

それでは。


nice!(25) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。